産業医求人

産業医の仕事と医師求人

一般的に産業医とは、企業に属し、従業員の健康管理を行う医師のことをいいます。
労働安全衛生法では、1000人以上の従業員がいる会社、もしくは有害な業務を行うと認定された 500人以上の労働者がいる会社であれば、専属の医師を必ず選任しなくてはいけません。産業医の医師求人によっては仕事は多岐に渡っています。

まずは、労働者の健康診断をしなくてはいけません。そして、衛生教育も業務となっています。また、職場で健康障害が起こった場合、その原因調査や、実際に責任者に指導も行わなければなりません。

最近はストレスによるうつ病などの従業員もとても増えていますので、そのような従業員のカウンセリングなども行います。病人の治療をおこなう、臨床医師とは、仕事内容も求められるスキルも全く違います。

産業医の求人はあまり多くはないのですが、求人募集の場合は医師としてのスキル以外にコミュニケーション能力やビジネスマナーなどが必要となります。カウンセリング業務が多いので、心療内科などの分野に長けている医師が求められることも多いです。

実際に企業に属する場合と、色々な会社の産業医を兼任する場合など様々な働き方があります。最近はストレス化社会で産業医の医師求人需要が増えています。

産業医に強い医師求人、転職エージェント

産業医の求人に強い医師求人、医師転職エージェントっているのか?という問題ですが、実際にいます。業界の方はあそこは産業医に強い強いからねといいます。

ただ、依頼してクライアントには言いません。知っているかたは知っているのです。もし、産業医になりたいということであればそのような医師転職エージェントに依頼するといいでしょう。

その前にあなたが産業医として認定されている必要があるのでその要件を満たしているかを確認してみてください。産業医になりたいという方にいうことではありません。

そして、産業医としてあなたの条件にどこまでマッチするかはわかりませんが、そのような求人の案件を紹介してくれると思います。

Googleで「産業医求人」などで検索してみていろいろ相談するのもいいかもしれません。あなたのことを親身になって考えてくれる業者を選ぶという選択肢もあるとは思います。

まずは医師転職エージェントの情報をチェックしてみてください。きっとあなたにとっていい医師転職エージェントが見つかるはずです。

産業医の転職を考えたら「産業医転職」でググりましょう。

人間ドックの産業医求人の魅力

人間ドックの対応が優れている民間企業においては、定期的に産業医求人が掲載されることがあるため、積極的に人気のある企業の特徴を見極めることがおすすめです。

特に、初めてこのようなタイプの求人に応募をする際には、ある程度の知識が必要となりますが、同年代の人からアドバイスを受けながら、余裕を持って対応を取ることが望ましいといえます。

産業医求人の勤務形態や賃金体系については、多くの転職希望者にとって、興味深いテーマのひとつとして扱われることがありますが、日ごろから中途採用の試験対策を立てることがポイントです。