お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

いい物を選びたいお香と線香

もしお香と線香を買うのであれば、少しでもいい物を買いたいですね。

そこで、お香と線香を買う時にはどの様にして選んだらいいでしょうか。種類は増えていますので、買う時に悩む人も多いのではないかと思います。

お香と線香は、特にこの様にして選ばないといけないという決まりなどはありません。しかし、お香と線香はいろんな香りがありますので、香りの好みによって選ばれる事が多い様です。

苦手なお香と線香を使い続けるのではなく、やはり自分がいいと思う香りで満たしたいですね。香りというのは好みがはっきりと分かれる事もありますので、なるべくテスターなどを利用して、香りを確かめてから買うといいかと思います。

お香と線香の違っている部分

お香も線香も、香りがするものとして知られています。普段、同じような意味合いで使われるこの2つは、何が違うのかというのは分かりにくい部分ではないでしょうか。

実は2つとも作り方などにほとんど違いはありません。ただ、線香は仏事に使用されるものとして区別されることが多いです。仏事とは、お墓参りや、日常的に仏壇に参る場合です。

一方、お香は香りを楽しむものとして使用されます。最近では女性を中心にアロマテラピーも流行っていますが、お香の香りで癒されるというのも素敵ですね。まとめると、この2つは製法などに違いがあるというわけではなく、使用目的に違いがあるということです。

江戸時代におけるお香と線香の利用法

お香の歴史は、人類の歩みそのものとさえいえます。線香としても、紀元前に記されたインドの宗教文書に出てきており、人々の暮らしに深く関わってきたのです。日本では室町時代にはすでに伝来しており、その流れは現在まで続いています。

江戸時代においては、お香としての用途だけではなく、意外な使われ方をしていました。それは時間を計る用途です。

当時の線香は1本40分かけて燃え尽きます。これを様々な目安として利用して、日々の生活を便利にしていきました。香りだけではなく、新たな使い方を編み出すのは、日本人ならではの工夫といえるのです。

ラベンダーのお香で癒される

芳香剤と違い、好きな時にたくことができるお香は、神経に働きかけリラックスさせてくれる効果があります。自然由来の成分でできていますので、部屋の中で安全に香りを楽しむことができます。

ほのかに寝具や衣類にも香りがつきますが、きついものではありません。中でもラベンダーのお香は鎮静作用があり、頭痛の緩和や不安を抑えたり落ちつかせてくれます。なかなか寝付けないときや、仕事のストレスが溜まってきたら効果的です。

イライラすることの多い現代の女性向けのお香ですが、フローラルで誰からも好まれる香りです。血圧を下げる効果も認められています。

あらゆる場面において用いられるお香

お香には様々なタイプや種類のものがあり、国内外を問わず、昔から伝統的な習慣の者として広く取り入れられてきました。

日本では仏事に使われる線香や、夏の時期に活躍する蚊取り線香などが存在している一方で、海外では宗教的な風習や概念から取り扱われてきたものも多く見受けられます。香りや形状にも数多くの選択肢があり、好みや目的、用途に応じた選び方ができます。

またインテリアショップなどでも多く取り入れられるようになってきたため、日常生活にもカジュアルに取り入れることができ、部屋の装飾や匂い消しなどにも用いられています。

よりカジュアルに取り入れられるお香

日本の風習として伝統的に使用されている線香などのお香の役割には様々な効果が見られます。また、海外各国においても、宗教面などの習慣によって歴史的に使用され続けてきたものでもあり、様々な形状や大きさ、香りのものが存在しています。

近年では、インテリアに取り入れられたり、アロマテラピーの一環となるような効能が期待されるものも多く出回るようになっており、さらに身近に、そしてカジュアルに取り入れられるものとして広く認識されるようになりました。インターネットやインテリアショップなどで簡単に手に入れられます。

お香が与える効果についての関連記事