お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

TOP お香 天然の物と人工的な香りのお香

天然の物と人工的な香りのお香

お香と言えば非常にいい香りがします。
お香の香りは天然の物と人工的に香料などを利用して付けている場合があります。

人工的な香りは増えています。香水はもちろんですが、化粧品などあらゆる物に香料で人工的な香りを付けています。人工的な香りでも確かにとても良い香りがする事があります。

しかし、疲れている時や体調が良くない時に人工的な香りがあるとあまり気分がよくないと感じる事もあるようです。天然の香りには人をリラックスさせる効果を期待する事ができるようです。

幻想的なお香や線香の魅力

部屋の雰囲気を決めるのは見た目だけではありません。五感で感じるすべてが部屋の印象を作り上げていくことになります。嗅覚もその一つです。良い香りがしている部屋では、気持ちも心地よくなりリラックスできる空間を作ることができます。そこはかとなくよい香りがするのは幻想的ともいえます。ぜひ部屋の印象に合わせた香りを使っていきましょう。それにはお香や線香の選び方がポイントとなります。特に、香りを重視して選んでいきたいものです。

お香は香りによって選ぶことが多いですが、線香はいつも使っているからという事で選んでしまいがちです。香りの違うものも試してみましょう。

お香が与える効果についての関連記事

初心者の方が勘違いするお香と線香の違い

心を落ち着かせるために、香りを嗅ぐ方法があります。その代表としてお香と線香が有名です。しかし、初心者の方は両社の違いが把握出来ていない事が多いです。簡単に説明すると、癒しやリラックスしたい時の普段使いにお香が使われ、供え物や進物用贈答用として用いられるのがお線香です。

お香やお線香は香木と言われる独特の匂いがする樹木を配合しています。香りを楽しむ事を目的にしたお香は、他にもアロマとして使用される花の香りや果実の香りなども配合されています。そのため、リラックスしてくつろぎたい場合などに用いられます。

線香は、子供の頃が仏壇にあげてきた方もいらっしゃると思いますが、仏様や神様へ供える物として使用します。仏前にあげる物のため香りがきつくなく、香木が含まれた良い線香であればラックス効果があります。両者の特徴を把握して香りを楽しんで欲しいです。

梅雨の季節はお香が最適

日本は6月になると天気予報で高い頻度で梅雨の情報が発信されるようになります。初夏という季節を代表する梅雨で情緒がありますが、湿度が高くて不快に感じてしまうのは事実です。そこで、梅雨の季節こそお香の力を分けてもらうと良いでしょう。

お香というのは火を点けると煙が生じますが、発生した煙が湿気を除去してくれるのです。除湿機を稼動させなくても室内の空気を過ごしやすいものにしてくれるので、電気代の節約にも繋がります。

もちろん、お香ならではの香りにより雨続きによるこもった嫌な臭いを消し去ってくれる効果もあります。

お香りを使用する時気を付けること

お香というのは、とても柔らかな香りを部屋で香らせることができるため、芳香剤などを置くよりも自分の好きな香りにすることができます。しかし使用する点で何点か気を付けていただきたいことがあります。

まず火を使用するということを忘れないようにしてください。お香は火をつけて、そこから出る煙によって匂いが出ます。そのため、付けっぱなしで外に出かけてしまったり、カーテンや布など火がうつってしまいそうなものの側においてはいけません。周りに火がうつってしまいそうなものがないかどうかしっかり確認をしてから、つけるようにしましょう。

進化しているお香の商品

リラックスする際に使用するアイテムとして、お香やアロマキャンドルを利用する人が多いかと思います。

昨今では、お香が時代とともに進化を遂げていることがあげられ、主流のコーンタイプの物を想像する人が多いと思いますが、スティックのタイプなどもバリエーションに加わるようになりました。

香りを楽しむだけではなく、香りをかぐだけでデトックス効果が得られたり、花粉症に効果があるものなど身体の機能に効果が得られるものが多く見られるようになりました。にわかに信じ難いものではありますが、蚊取り線香などを思うとそのような効果もうなづけるものでしょう。

メニュー

お香でリラックスHOME   お線香   お香   進物線香   焼香