お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

お線香の材料

お香と作り方が似ている物として知られているのがお線香です。

お線香の材料となっている物は常に同じという分けではありません。お墓参りの時などによく使われていて、見かける事が多いお線香は杉線香とよばれるものです。

そして、一般家庭で仏壇にお供えする時などによく使われているものは、匂い線香と呼ばれている物だそうです。

お線香と言ってもいろんな商品があるので、気に入った物を選んで使う様にしたいですね。日常的に使用する物では香りや煙を考慮して選ぶ人が多いみたいですね。

もしも家庭で使う線香が欲しいなら、自分が欲しいと思う線香を使えばいいのです。線香であれば、どの様な線香が好ましいというのは特に決まっていません。どんな物でもいいのです。

そのため、個人の趣向で香りを選ぶ人が多い様です。たくさんの香りのバリエーションがあり、お店ではどんな香りの物を買うか迷うかもしれません。お墓参りは屋外で使用するのでそれほどこだわらずに近くで売られている物を使っている人も多い様です。

でもこだわっていい物を使いたいという人は、お気に入りの線香を持参して使う事もできます。

売れているお線香

店舗でお線香を買うと、店員さんのおすすめの商品などを教えてもらう事ができます。しかしながら、オンラインでお線香を探してみると、売れ筋の商品がランキングで紹介されている事もあります。また、お線香に対する感想が述べられている事もあります。

オンラインでお線香を買う時には、香りが分からないので、良さが分かりにくいという点が考えられます。しかしながら、購入した人の口コミを参考にできるというのはオンラインならではの便利なサービスであると言えるでしょう。

どんなお線香にしようかと迷った時には、他の人の意見に耳を傾けてみるのもいいでしょう。きっといいお買い物ができるのではないかと思います。

お線香の香りについて

お線香の香りは様々あります。品質が良く、値段が高い物であっても、好みではなかったという場合もあるかもしれません。

お線香の定番である香木を材料に作られているものには沈香や伽羅、白檀などがあります。沈香は、落ち着いた渋い感じがし、伽羅は沈香に比べると甘みと香りの広がり方が強い傾向があります。これらの香木をベースにアレンジしたものもあります。

ラベンダーなどのハーブ系のタイプやローズなどの花系をイメージしたお線香もあります。最近では、お菓子や飲み物、フルーツなどのタイプもあり仏事だけでなく、部屋で楽しむ使い方もできるものが増えています。

線香の種類と成分、用途は法事

線香はタブ粉や香料、合成着色料を混ぜて細長く一本線にして作られた香になります。用途は仏壇に向かってお祈りをする際に炊く、お墓参りを行う際に焚いて先祖供養する為に用いることが基本的です。

しかし、お香の代用品として使うことも出来ますから、香りを楽しみたい時にも使って問題はない道具となります。

線香にもサンダルウッド(白檀)や、ベンゾイン(安息香酸)あたりを配合している高級品や天然志向が目立つ製品もあります。通常の物は化学香料や合成着色料を使用した安価なものが流通していますが、中には身体やメンタルに良い香に近い製品も存在します。

ペットがいる場合においての線香の使用法について

最近では家で犬ペットを飼う人も大勢いるでしょう。そのような場合にお線香が心配になっている人もいるのではないでしょうか。火を使用するものになりますので、ペットが誤って倒すことのないようにすることが大切です。ペットだけではなく小さな子どもがいるような家庭についても、気をつける必要があるでしょう。そのような場合には使用しないことが一番ですが、そうもいかないでしょう。

使用する時間を決めた上で、ペットや小さな子どもが立ち入ることのないような場所で、お線香を使用するのがいいでしょう。最近では供養だけではなく香りを楽しむものもありますので、合わせて利用することをおすすめします。

進物線香などのお線香についての関連記事