お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

TOP 焼香 立礼焼香での焼香の仕方

立礼焼香での焼香の仕方

お葬式の際に行われる焼香ですが、近年は椅子式の会場が増えていることもあり、立礼焼香の形が多数となっています。

立礼焼香とは立った姿勢で行われる焼香のことです。基本的なやり方は、自分の番が来たら席を立ち、祭壇の前へ進み遺族へ一礼、そして遺影に一礼します。そして、右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香を一つまみ取り、額の位置まで押しいだいてから炭にパラパラと落とします。そしてまた遺影に一礼し席に戻ります。

抹香を炭に落とす回数は仏教の宗派により異なります。また、宗派によっては焼香での抹香を額の位置で押しいだかないのが正式作法というものもあるようです。

焼香のマナーや抹香についての関連記事

喪主の焼香は僧侶の前で行う

お葬式の時の焼香ですが、喪主は、遺族・親族および一般会葬者とは場所が違います。お経が始まると、喪主はまず一般会葬者に、続いて僧侶に一礼をし故人の棺の前に静かに進みます。そのとき数珠は左手に持ち、房の部分が下に来るようにします。

棺の前には焼香台が設けてあり、まず合掌を行います。そのときに数珠を持った左手に右手を添えるようにして、手を合わせます。

台の手前においてある抹香を、左手の親指、人差し指、中指でつまみ、頭を垂れるようにしたまま、目を閉じながら額のあたりの高さまでもっていきます。額まで掲げた手を下げ抹香を高炉の中に落とします。これを三回ほど繰り返し、焼香が済むと再び合掌を行います。席に戻る際には、僧侶、および一般会葬者に一礼をして戻ります。

参列者の焼香の仕方について

仏教式のお葬式で行われる焼香ですが、日本ではお葬式の8割以上が仏教式ということもあり、実際にその場を経験している人も多いと思います。

通夜、葬儀・告別式において焼香が行われる際、行う順番があることをご存知でしょうか。

まず読経を行う僧侶が行い、その後に喪主。そして遺族(個人と近い親族)、来賓がある場合は来賓、親族、そして参列者という順番になります。社葬の場合はその後に社員という順番となります。焼香の作法は喪主も遺族も参列者も同じです。右手の親指、人差し指、中指で抹香(香木を細かく砕いた物)をつまんで額の位置まで持ってきてから炭に落とします。回数は宗派により異なりますので、わからない場合は事前にチェックしておくと安心です。

焼香は右手で行ないます

仏教では左手は不浄の手とされていますので、焼香は必ず右手で行ないます。左手には数珠の房が下に垂れるように掛け、初めに遺影に向かって両手を合わせ合掌します。左手に数珠を持ったまま、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香を少しつまんで軽く額に近づけ、静かに香炉に落とします。

仏教では宗派があるものの、仏・法・僧の3宝を供養する意味で3回行ないますが、会葬者の列が長い場合は、1回で済ませます。最後にもう一度遺影に向かって合掌します。

焼香は香煙にのって天に昇っていき極楽浄土へ辿り着くように行なうものですので、心をこめて行ないます。

メニュー

お香でリラックスHOME   お線香   お香   進物線香   焼香