お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

線香のかおり

お線香は伽羅など本来のお線香の魅力的な香りの物もありますが、最近売られている物の中にはお線香とは思えない様な意外な香りがついている物もあります。

中には香水の様な現在的な香りの物もあります。香りのバリエーションは非常に多く、たくさんのメーカーから数多くの商品が発売されています。

お線香は日常的に使う機会も多いのではないでしょうか。日常的に楽しみながら使う事ができます。

お線香は手に入りやすいのでたくさん試してみて、お気に入りの香りを見つけるといいでしょう。

選ぶのが楽しいお線香

中にはお線香の購入はあまり楽しくないと思っている人もいるかと思われます。しかし、お線香はたくさんの種類があり、香りは好みに応じて選ぶ事ができますので、いい香りが好きな人であれば、きっと楽しめる買い物になるのではないでしょうか。

若い人は、仏壇のお手入れやお供えなどにあまり興味を持たない事もあるかと思いますが、お線香選びなどは好みに応じて買う事ができますので、これをきっかけに仏壇のお供えをしっかりと行える様になる事もあるかと思われます。

今使っているのと同じお線香を買うのもいいですし、また違う種類のお線香を買ってみるのもいいと思います。お部屋がいい香りで満たされるのも楽しめるでしょう。

お線香やローソクの正しい使い方

お線香やローソクの使い方については、冠婚葬祭のマナーを身に着けるうえで、とても重要な課題としてみなされることがあります。現在のところ、誰しも簡単に使うことができるお線香やローソクのメリットに関して、ネット上でしばしば紹介が行われることがあるため、空き時間を利用しながら、常に便利な情報をキャッチすることが大事です。

また、信頼度の高いメーカーから発売されているお線香の魅力に関しては、大手の情報誌などで特集が組まれるケースが増えてきており、色々なタイプの商品の使い方をマスターすることがコツといえます。

線香とお香の内容について

お香は香りを楽しむことを目的とされていますが、線香はお供えで使用することを目的として作られています。

線香はお香に比較すると非常にシンプルですが、天然のいい香りがします。両者とも香木と呼ばれている木材を使用し作られていて、天然の心地良い香りをかぐことができます。使用されている木材の種類だったり、配合だったりで香りは大きく異なります。

最近では供養のためだけではなく、香りを楽しむように作られているものもあります。香りによって、さまざまな効果を得られるものもありますので、使い分けしてみてもいいでしょう。

線香は雨に弱いので気をつける

墓参りで訪れた場合、線香を使うことも多くありますが、非常に雨に弱く、すぐに煙が出なくなってしまいます。雨に濡れてしまうと、火を付けた部分が消えてしまい、どんどん湿って煙が出せなくなります。雨の場合は、出来る限り上に被せるものを用意して、消えないように心がけます。結構消えるのが早いために、少しでも長く煙を出せるように工夫しなければなりません。

最近のお墓なら線香を置く場所が決められているので大丈夫ですが、昔に作られている墓には用意されていません。自作で用意する方法もありますので、調べて用意するといいでしょう。

お香が線香と進化した歴史

線香は現代では葬儀や仏壇で目にする事が多いですがその歴史は古く、香りの元となる香木が中国から入って来たのは聖徳太子の時代であり、平安時代からは香を焚いて着物や持ち物に香りを移す文化や香木の香りを当てる香道が発達していきました。

当時のお香は上流階級の贅沢な遊びや趣味の様に捉えられていましたが、16世紀頃から本来の仏教での葬儀や修行に使用される様になり現代の様な線香の製法になり一般に普及されました。

現代では寺院や仏壇以外にも香りを楽しむために使用されたり、リラックス効果が高い事もあり、エステやサロンなどの商業施設でも使用される事が増えています。

進物線香などのお線香についての関連記事