お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

お香の使い方

お香の使い方は簡単です。
お香は形が数種類あります。その形に合わせてお香立ても種類があります。

種類に合わせてお香立てを選びましょう。

お香をつける方法は、お香をお香立ての上に置きます。そして、先端部分に火をつけ、炎を消します。その状態でお香を楽しむ事ができます。

お香は火をつけていない状態でも香りがしますが、火をつけるとまた違った香りを楽しむ事ができます。炎は見えなくても燃えていますので、燃えている間のお香の扱いには十分注意しましょう。

香りの種類もたくさんあり、気分によっていろいろなお香を楽しむことができますので、日本のものから外国のものまでいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

お香と線香の目的のちがいを知っていますか

お香とお線香は、どちらも和を感じる落ち着いた香りが特徴です。それぞれどのような目的でつかわれるものがご存じですか。

お香は体のお清めや、心を落ち着かせるために使われます。古くは衣類への香りづけという用途でも使用されていました。現代ではお部屋の芳香剤として、ヨガや瞑想をするときに集中力を高めるためなど、時代にともなって使われ方が広がっています。

お線香は仏前を清めるために用いられ、部屋の臭気や死臭を祓うことを目的にしています。亡くなった方に香りを供えるという気持ちを表すためにも使われ、サクラやラベンダーといった花の香りやコーヒーの香りなど、様々な香りにこだわったものも増えています。もちろん、白檀や伽羅を使った高級線香も種類が多く、普段使いであれば煙が少ないお線香も人気を集めています。お香やお線香の専門通販サイトなどで多くの種類を見ることができるので、調べてみてはいかがでしょうか。

お香を楽しんでみるひけつ

日常の疲れを癒し心からリラックスしたい場合には、お香を立ててみる人も大勢います。

お香と言うと白檀を思い浮かべますが、最近ではアロマテラピーとして使用し楽しむ人が増えています。香りについてもさまざまで、カモミールやラベンダー、ローズマリーなどのハーブ系もあります。

お香を使用することで、リラックスできますのでエステサロンなどでも、使用するケースが増えています。香りでリラックスしながら発汗もし、血行も改善されることでしょう。このようにマッサージの効果との相乗効果もあるでしょう。リラックス作用を上手に利用していくことが大切です。

お香のルーツは室町時代です

もともとお香は、仏教に伝来するもので、室町時代に文化の発展と共に香道と呼ばれる香りを当て合う遊びとして、上流階級の人達に人気がありました。

お香の原理は、炎が残らないように火をつけて、香りをゆらせます。空気中に適度な温度で発散されるので、邪気を払う魔除けとして昔から利用されています。一般的にはお線香のイメージが強いですが、最近はアロマオイルが練りこまれた物もあるので、アロマテラピーのような感覚で庶民に定着して、心身のバランス調整安眠、芳香などいろいろな目的で利用されるようになり、特に女性を中心にとても人気があります。

お香は現代風の商品が多くなった

若い人にも使ってもらいたいと思い、現代風のお香が登場しています。ハーブのような香りを出してくれる商品を登場させたことで、使いやすい商品としているのです。

これまでは日本人に合わせた商品が多いものの、海外の人にも利用してもらいたいと考え、香りを変えて楽しめる商品を増やしています。

これらの取り組みが成功して、一定の効果を与えたのは事実です。お香を利用している若い人も増えてきて、香りを感じながら心を落ち着け、リラックスできる環境を生み出します。いい匂いを出してくれるなら、毎日でも使いたいと感じられます。

お香をたいて気持ちに安らぎを

お香は様々な香りがあります。日本製のものだけではなくインド製のものなどもあります。ホッと心安らぐものや、うっとりする魅惑的な香りもあります。

お香を置くものにもいろんなカラフルなおしゃれなものが出ていて、好みに合わせたお気に入りのものを置かれると良いでしょう。それには気持ちを落ち着かせる効果や、明るい気持ちにさせてくれる効果、空気を清めてくれる効果などがあります。玄関やおトイレ、リビング、それぞれの個室でなど、それぞれの場所にあった香りを選ばれるといいですね。

お寺や、仏具店、通販で手に入りますが、実際に見られて、香りをためされた方がピッタリなものが選べるでしょう。お土産にもよく選ばれています。

お香が与える効果についての関連記事