お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

焼香での香炉の使い方

焼香する際には、数珠を左手に持ち遺影に向かって合掌した後、右手の親指・人差し指・中指の3本で抹香を少しつまんで額あたりまで上げ、左側の香炉に静かに落とします。香炉には灰の上に火のついた香炭が置いてありますので、その上に落とします。回数は会葬者が多いときには1回の指示もありますが、正式には仏教では3回行ないます。

焼香セットは葬儀会館などでは一体型のものが用意されていますが、家庭の法事などでは別々でも構いません。香炭は火がつきにくい物もありますので、早めにつけておきましょう。

座り焼香の場合は、まわして用いるのにお盆に載せたものが便利です。

告別式での焼香について

多くの人はお葬式で焼香を行った経験があると思いますが、どのような意味合いが込められているのかご存知でしょうか。

お葬式では当たり前にあるものとして、何も考えずに行っている人も多いのではないかと思うのですが、実はお焼香には香により邪気を祓って霊前を清め、故人の冥福を祈るという意味があります。

葬儀は故人を現世からあの世へ送り出す儀式ですが、告別式は故人とのお別れを行う式です。今は双方が一体化して一つの式のような意味合いになっていますが、本来の形としては告別式で行われる焼香は故人へ最後のお別れを伝える機会という意味合いが強くなります。

焼香の際は遺影に合掌します

葬儀・告別式で焼香をする際には、列の順番が来たら遺族席に向かって軽く会釈をし、正面の遺影をしっかり見つめて頭を下げた後に焼香台に進み出て合掌をします。

左手には房を下にして数珠を持ち、右手の親指・人差し指・中指の3本で右の抹香を少しつまみ額あたりに持ち上げた後、左の香炉に静かに落とします。焼香の回数は会葬者が多い場合は1回と指示されることもありますが、仏教においては3回が通常です。香煙にのって魂が天に昇り極楽に辿り着けるように願いながら行ないます。

焼香が終わったら頭を上げて、遺影に向かってもう一度冥福を祈りながら両手を合わせ合掌をします。

お焼香の基本的知識について

お葬式や法事でお焼香をした経験のある人は多いと思いますが、実はよくわからずに前の人の真似をしてしのいだという人も多いのではないでしょうか。

お焼香の基本的な意味としては、仏教式の宗教行事でお香を焚くことを指します。香木を細かく砕いた抹香を炭の上で燃やす方法が一般的ですが、線香を使用することもあります。行う意味は、仏前に芳香を捧げ、敬いと慈しみの心を捧げるためです。

また、お香の香りは邪気を祓う意味合いもあるため、自身の身を清める意味にもつながります。基本的な意味としては以上になりますが、仏教の中でも宗派によって考え方は異なります。

焼香のマナーや抹香についての関連記事