お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

TOP お香 ストレス解消ができるお香や線香

ストレス解消ができるお香や線香

お香や線香の香りは脳を刺激してくれます。忙しい現代人は仕事に追われ心にゆとりが少なくなってきます。心の緊張は仕事をする上でも、また受験勉強する上でもマイナス要因です。

人の脳は疲れてくると働きが落ちてきます。疲れた脳ではいくら頑張っても物を覚えることができず、さらに疲れを増すばかりです。脳には休憩が必要です。脳を休ませることで、元気に働かせることができます。ただ単に休ませるより、安らぎの効果があるお香や線香を使ってみてはどうでしょうか。

香りは現代人にとっては心のオアシスであり、ストレスから解放してくれます。

様々なお香が販売されていますが、種類は同じでも製造する会社によってそれぞれ違った匂いになるようです。色々なお香の中から、自分にとってお気に入りの香りを探すのも一つの楽しみではないでしょうか。

お香が与える効果についての関連記事

心が落ち着かない時にお香か線香をたくと

心が落ち着かない時にお香やお線香をたくと、乱れた心を徐々に落ち着かせていく効果を期待できます。

お香やお線香の中には、気持をリラックスさせる要素が含まれているので、香りを嗅ぐと良い匂いだと感じるはずです。近くに寄って嗅ぐよりも、やや遠くから微かに感じられる程度のほうが良い影響を与えやすいです。

例えば気分が落ち着かない理由が葬儀によるものだった際は、お線香を仏壇の線香を入れる器にたてると、気分がゆっくりと平静に戻ります。そして、葬儀の時に感じた悲しい気持ちや、寂しいという気分も少しずつ消えていきます。毎朝たてていれば更に効果があがります。

お香の歴史と初歩的な使い方

インセンス(お香)の歴史は古く、古代から人々は植物の香料を利用して香りを楽しんできました。新約聖書にもイエス・キリストが誕生する際、東方の三賢人が星の導きにより馬屋を訪れて、乳香、没薬、黄金を捧げたと記してあります。

インセンス(お香)には種類があって、パウダータイプのものやコーンやスティック、セージなどを用いたハーブもあります。

初歩的な使い方としては、チャコールと呼ばれる、お香を燃やす専用の炭を香炉に入れて火をつけて、インセンス(お香)を燃やします。香炉は大変熱くなるので、鉄製の足がついたものを利用してください。

香りの良い蚊取り線香が新登場しました

夏場の日本には、大量の蚊が発生します。夏の風物詩と言っても過言ではありません。ただ美しい花火と違い、蚊は人の暮らしの大敵です。伝染病やかゆみの原因になる酷い害虫ですので、蚊取り線香を使う等して、効果的に対策をしましょう。

今では色々な対策グッズが出ていますが、定番の蚊取り線香が最も効果的に害虫を駆除します。フルーツテイストの香りや森の香り、ローズの香り等、今では多種多様な種類がリリースされています。

独特の臭い香りを嫌って置かない家庭がありますが、最近販売されるアロマ風の製品なら香る匂いも良好であり、気軽に害虫対策に使えます。

お香は睡眠を促進する効果も

なかなか眠れなくて困っている方が増えています。生活習慣の問題が多くなっていて、できれば避けたいポイントでもあります。眠れない時には、お香のいい匂いを部屋に充満させることで効果があり、眠りやすくなります。この方法を使っていく場合は、あまり煙が飛ばないようにすること、そして匂いが眠りに効果的なものを使ってください。また火を使うものですから、火事の危険性があります。

とにかくお香を使う場合には、他のところに燃え移るなどの問題を避けてください。寝る前に香りを充満させておいて、就寝時には火を消しておくなど、しっかりと対策を行っていれば、寝ている間でも問題は起こらないのです。

お線香とお香の原材料

お線香とお香の使用用途はお寺やお墓などに参った際や、仏壇で供養する場合に欠かすことができない物として知られています。昨今においてはリラクゼーションにも率いられ、アロマテラピーなどにも利用されたりしています。

しかしながら原料料については、あまり知られていないことがあげられます。原材料になっているのは、香木と呼ばれている植物になります。

一般的に香木としてのイメージは、白檀や伽羅といったものでしょう。伽羅は最上級品としても知られていて、白檀については、製油分が主体となっています。どちらであっても、そのままで心地のいい香りがしますので、香木のままで販売されていたりもします。

メニュー

お香でリラックスHOME   お線香   お香   進物線香   焼香