お香でリラックス。生活の中に癒しを取り入れよう!

日常生活の中で、知らないうちにストレスと貯めてしまっていませんか?好きな香りを思い思いの方法で楽しむ事は、ストレスを知らないうちに発散させてくれる効果を持つのです!

ストレスと貯めてしまっていませんか?

忙しい日常生活の中で、ストレスの発散方法は様々ありますが、特別にそのために時間を取るといったことがなかなか難しいのではないでしょうか。

ストレスを発散するために、何かを行うといった行為自体に逆に時間が取れずにストレスとなってしまう方も少なくありません。

それでは、何のために、ストレスを発散しようとしているのか解らなくなってしまいます。

そんな時は、お香や線香を焚く時間を取り入れてみてはどうでしょうか。

日常の何かをしながら、就寝前のリラックスタイムに・・・そういったちょとした合間にお香や線香を取り入れることで香りを楽しむゆっくりとした時間を持つことができます。

お香や線香は手軽に楽しめるだけではなく、香りを楽しみながらリラックスできるのではないかと思います。その結果、抱えているストレスと発散するきっかけとなることもあるのです。

好きな香りを思い思いの方法で、思い思いの時間帯で楽しむ事は、ストレスを抱え込まないひとつの手段として、また、日常の楽しみとして行うことができるのです!

お香や線香に使われている香りの原料に伽羅や沈香があります。それらは香木と呼ばれています。

ベトナムなどの香木が有名ですが、非常に高額なので購入するのはよほどお金がないと厳しいかもしれません。

香りを楽しむという意味では一般に売られているお香や線香のほうが使い勝手もよく便利です。

最近では中国での消費が増え、品不足気味で価格が高騰しています。中国から日本に買い付ける業者もいるみたいです。

また、偽者も多いので安心できる業者以外から買うのはやめておくほうがいいでしょう。

最新のお香

お香と言えば、一般的に馴染みがあるのがお線香ですが、最近ではアロマテラピーの流行で香木を利用した、お香での自宅でのリラックスタイムといった為の道具なども色々とお香、線香が販売されています。

香木を利用したタイプのものは、日本人になじみのある香りのものが多く、最近増えてきたのがフルーツや花の香りを練りこんだものですが、それ以外にも面白いものも色々発売されています。

特に代表的なのが、無くなった方への思い出用にとガムの香りやキャラメルの香り、コーヒーやお酒、ビールの香りがするといったものです。煙たいという風に、お香のイメージが固まっている方、色々と探されてみてください。イメージが一新されるのではないでしょうか。

お寺の線香の燃焼時間

お寺とかに行くと一般家庭ではあまり使われていない様な長い線香を見かける事はありませんか。

お寺などでは線香を使う事が多いため、家庭用の線香を利用していると燃焼時間が短いため、何度も取り変えないといけません。そのため、普通の物よりも更に燃焼時間が長い長寸線香を使用している事が多いようです。

一般的な線香の燃焼時間は数十分程度なのに対して、長寸線香はなんと約2時間前後の間燃焼し続けます。

これなら線香を取り変える手間暇を省略する事ができ非常に便利です。

気軽に試せるお香

難しく考える必要はなく、お香は気軽に試す事ができます。お香のいい香りは、リラックスしたい時などにも適しているでしょう。

お香は火をつけるだけで、ほのかな心地よい香りが広がります。香りというのは気分を左右する事もあるみたいですので、落ち着かない時や、イライラした時、または疲れを感じた時などにお香を利用すると、快適に過ごす事ができるでしょう。毎日を楽しく過ごす事ができる様になるのではないかと思います。

お香はかなり頻繁に利用しているという人もいる様です。同じ香りばかりではなくて、いろんな香りがありますので、自分にとって好みの香りを見つけるとずっと楽しむ事ができるのではないでしょうか。

微香性のお線香

もしお線香の強い香りが苦手だという人がいれば、微香性の物を選ぶといいかと思います。実はお線香には、しっかりと香りが付いた物はもちろんですが、比較的香りが少ない物もあります。

部屋にお線香の香りが染みついてしまうのではないかという事が心配だという人は、微香性のお線香をピックアップすると、香りの心配をする必要もないでしょう。

好みに合ったお線香を選ぶ事ができます。またすべて同じ香りではありませんので、物によっては好きだという香りが見つかる事もあるでしょう。お気に入りの物が見つかれば、それを利用するといいですし、やはり香りが好みではないという場合には香りが少ない物を選ぶといいでしょう。

あらゆる種類にわたって存在する線香

線香の香りは人々の心を癒し、豊かな感情を引き出すものでもあります。日本では昔から仏事に取り入れられており、仏の世界へと通じるものとして、また、故人にとっての食べ物として考えられています。特に通夜や葬式に用いられるものは、故人との会話になるという意味も含まれており、重要なものでもあります。

仏事以外にも、渦巻き状に成型されている蚊取り線香など、様々な目的や用途に応じて使い分けされているものもあります。ラベンダーやローズなど、近代的な香りが取り入れられながら作られているものも多く、より広い選択肢から探し出すこともできます。

心が落ち着くお線香の香り

葬儀や法事、仏壇、墓所に欠かせないお線香には、心を穏やかにする効果があります。それは、死者や故人との思い出を思い返し、彼らへの想いを感じる時間だからかもしれません。

白檀を贅沢に使用して製造されたものは、ふくよかで豊かな香りがします。香りというより臭いと感じる人もいるようですが、自然の素材でできているものは、お香のようです。

お線香は、火をつけたら、口で吹いて火を消さずに、手で左右に振って火を消します。何本も束ねて火をつけると燃えやすいでしょう。燃えている部分は小さいですが、非常に熱いですし、燃えやすいものの近くでは扱いに充分注意してください。

お線香は安く販売されるものもある

店によっては、お線香をかなり安く販売しています。また市販されている中でも、かなり有名なブランドは安く抑えていることもあり、本数などを考えればどんどん安く購入できます。

最近はセットで販売されることもあり、ろうそくなどと一緒に購入できる良さを持っています。これならお墓参りに行く際も、しっかりと準備ができるのです。安く販売されているものを用意するだけでも、安心してお線香を手向けることができます。毎日使うものなら、1本から使えるものも考えておきたいですが、安いブランドを考えていくことがある程度の安心を与えます。